東京羽田_えさ政釣船店_夜アナゴの釣り方

東京羽田えさ政釣船店

仕掛けと釣り方_アナゴ_夜アナゴ

アナゴのタックル

●仕掛けは船内で販売

1.釣り場

・木更津沖15~20m前後を狙っています。


2.エサ付け

・あらかじめアオイソメをハサミでカットしておきます。3~4cmの長さです。1本のハリに3~4本を房掛けにします。タオルに包んでおくとヌメリが取れて付けやすくなります。
※釣り人持参……タオル、替えのハリ、メゴチバサミ。


3.投入

仕掛けを投げる必要はありません。そのまま船下に下ろし、着底後、小突きの動作に入ります。


4.誘いと合わせ

<誘い>

・魚は小突いている時に乗ってきますが、その日の活性に合った小突き方が大事です。基本的にはオモリが寝起きする程度の小さな小突きです。
<アタリ>

・常に小突いて下さい。手元と竿先に神経を集中させ、小さなショック、微妙な重さもアタリと思って下さい。
<合わせ>
・即合わせ、ひと呼吸待ち。どちらがよいかはその日の活性によりますのでいろいろ試して下さい。

※ 投げ釣用テンビンを使う場合、カレイ釣りのようなイメージで軽く投げ、仕掛けを引きながら1分ほどの間合いでアタリを聞きます。


5.取り込み

・魚が乗ったらバレないように一気に巻き上げて下さい。
・素早く再投入でるように、エサ付けはスピーディーに行いましょう。カットしたアオイソメを常に準備しておきましょう。

Copyright©2013 EsamasaTsuribuneten