東京羽田_えさ政釣船店_ビシアジの釣り方

東京羽田えさ政釣船店

仕掛けと釣り方_ビシアジ

ビシアジのタックル

【仕掛けデータ】
・全長2mの3本針
・鈎 (ムツ針)10号
・蛍光玉入れる
・ハリス2号
・幹糸2号
✽仕掛けは船内で販売

1.釣り場

・観音崎沖~久里浜40~70m前後
・季節により近場の20~30m=半日LTアジ等出船時
✽釣り道具はLTアジ仕様もOKです。


2.エサ付け

釣場に着いてエンジンがスローになったら準備に入ります。 コマセカゴにコマセを詰めます。この時コマセはカゴに8分目です。
付けエサのアカタンは米粒ほど切り、ハリに付けておきます。アオイソメが付けエサの場合は2センチくらいに切って使って下さい。 アカタン、アオイソメは、使う分切っておくと手がえしが早くなります。


3.投入

・仕掛を先に海面に吹流し、道糸を持ち、テンビン、仕掛けに絡まない事を見ながら、投入して下さい。


4.誘いと合わせ

<誘い>
・アジの場合タナ取りこそ、とても大事です。まず、仕掛けが着底後、軽く海底をタタキ、糸フケを取ります。(潮が速い時は手早くおこなって下さい)①道糸のマーカーを見ながら、指示ダナ下1mまで仕掛けをもってゆきます。②次に竿を上下に大きく2~3回動かし、コマセを散らせます。③さらにもう1m巻いて3~5回コマセを散らせ、コマセの煙幕の中に仕掛けが、ある様にします、後は魚が掛かるのを待ちます。アタリが無いようなら、①より繰り返し行って下さい。
・食いが悪い場合はゆっくり竿を動かし、誘いをかけて下さい。それでもアタリがない場合は仕掛けを上げ、コマセを詰め替えて同じことを繰り返します。
<合わせ> 
・アジは口が弱いので、電動リールの場合、低~中速で巻いて下さい。また手巻きの場合もゆっくり巻いて下さい。竿をロッドホルダーからはずし、手に持って巻くとバラシが少なくなります。


5.取り込み

・仕掛けが上がってきたら、ビシカゴをコマセ容器に入れ、素早くアジを取り込みます。
・アジが大きい時はネットですくって下さい。
・潮が速い場合は130号のカゴでも流されてしまうので、船長の指示でオモリを足す場合があります。着底後、素早くタナを取って下さい。

 

 

Copyright©2013 EsamasaTsuribuneten