えさ政釣船店の「シロギス」のタックルと釣り方

東京羽田えさ政釣船店

仕掛けと釣り方_シロギス

シロギスのタックル

●仕掛けは船内で販売
●タックル一式お貸しします。

1.釣り場

・富岡沖~小柴沖10-15mを狙っています。


2.エサ付け

・アオイソメをハサミでカットします(全長3cm)。タラシは2cm程度、小指の第一間接ぐらいが目安です。頭部は使いません。ハリに真っすぐになるように必ず端から刺します。


3.投入

・周囲の釣人とオマツリをしないように気を付けて下さい。アンダースローで前方に軽く投げ、着底後、糸フケを取り、誘いに入ります。


4.誘いと合わせ

<誘い>
・魚層は海底~30cmなので、オモリが浮き過ぎないように注意しながら竿先を4~5cmチョンチョンと4~5回揺らし、静止から50cm~1mまでゆっくりと引き上げます。
<合わせ>
・アタリは「誘い、静止、引き上げ」のいずれも出るので、アタリがあったらゆっくり竿を立て、魚を乗せます。
・基本動作は、チョンチョン、スーの感じ。このリズムを自分でアレンジして下さい。


5.取り込み

・取り込みは、オモリが竿の長さにきたら巻くのをやめます。
・ハリが飲まれている場合はエラから頭の付け根あたりを強く押さえ、ハリを回しながら引っ張ると簡単に取れます。

●釣れている人の「誘い」を真似しましょう。釣況は日ごとに違うので、昨日釣れても今日は数が出ないといった日もあります。潮の流れや風の向きなどの要因で、釣況は刻々と変化します。
●ワンパターンの釣り方では通用しい日もあります。行き詰まった時には船長に声をかけてください。アドバイスいたします。

Copyright©2013 EsamasaTsuribuneten